本文へスキップ

神戸の行政書士が遺言書作成をサポート 遺言書の書き方 作り方 文例集

お問い合わせ お見積もりは・・・TEL.078-414-8385

神戸市中央区磯辺通1-1-18カサベラ国際プラザビル10F

神戸の行政書士が遺言書作成をサポート

神戸の行政書士が、神戸・大阪の遺言書作成をサポートいたします。
遺言書には法律で定められた厳格な規定があります。遺言者の意思をできる限り実現できるよう、アドバイスやサポートをさせていただきます。
遺言書を作成するには、いろいろな知恵を絞らなければなりません。遺言者と共に知恵を出し合い、最良の遺言書を作成します。
外出困難な方は自宅や病院などの出張遺言の手配もさせていただきます。

行政書士の他、社会保険労務士にも登録しており、両方の業務を取扱っております。

informationお知らせ

遺言書の書き方、作り方、文例集を記載しております。自分で遺言書を作成しようと考えている方はご参考にしてみてください。
最近は尊厳死宣誓公正証書を作成する方が増えております。→ 尊厳死宣誓公正証書


公正証書遺言がおすすめ

遺言書は安心安全な公正証書遺言がおすすめです。
遺言書の内容を公証人がチェックするため、無効になる可能性が限りなくゼロになります。また、原本が公証役場に保管されるため、変造・偽造などを防止することができます。
検認の必要もありません。

遺言書で最後の言葉を残しませんか

遺言書は何も、財産が多い少ないで書く物ではありません。遺言書には厳格な規定がありますが、その規定を守ればどんなことでも書くことができます。日ごろ言えない感謝の気持ちや、お世話になった人へのご挨拶、迷惑をかけた親への謝罪や感謝の気持ちを残しませんか?きっと喜ばれるはずです。

自分の相続でもめないでほしい

いくら仲のいい兄弟であっても、相続をきっかけに仲が悪くなり、その後疎遠になることがあります。相続人だけではなく、その配偶者や親兄弟、子供がからむと、どうしても複雑な争いになってしまいます。当事務所でも、そんなケースを多く見てきました。
遺言書は残された方への最後のお心遣いです。

自分の死後、心配な人がいる

障害者のご家族や幼い子を持つ母、自分が亡くなった後、心配な人(自分の意思で遺産をコントロールできない人)がいる方は、ぜひ、遺言書を残してください。遺産が確実にその人の手に渡るよう、又はその人のために使ってもらえるよう手配しておきましょう。
ご相談いただければ、最適な方法をアドバイスいたします。
家族同然のペットについてもご相談ください。

遺言執行者を指定しましょう

遺言書はせっかく残しても、それを実現することが最も大切です。特に相続人以外に遺産を残す場合や、相続人の仲が悪い場合は、もめることが予想されます。遺言者の意思を確実に実現するためには、遺言執行者の存在がかかせません。

遺言書がないと相続が大変

相続のご相談を数多く受けておりますが、相続の話し合いは本当に大変です。遺言書がない場合は、法定相続人全員が同意しなければなりません。遠方であったり、疎遠である場合には、本当に手間ひまがかかってしまいます。
そんな相続人の手をわずらわせたくない方は、遺言書を作成しておいてください。一から話し合うより、遺言書があった方が相続がスムーズです。

遺言書は相続を確実にするための必要経費

公正証書遺言を作成するには費用がかかります。しかし、相続手続きを考えると相続人の負担がかなり軽減されます。大切な財産を確実に相続させる為の必要経費だとお考えください。
当事務所では、相続手続きもサポートさせていただきます。 
神戸・大阪の相続手続きは→ 相続手続きサイト


遺言イメージ

shop info.店舗情報

行政書士 オフィス結い

〒651-0084
神戸市中央区磯辺通1-1-18
カサベラ国際プラザビル10F

Tel.078-414-8385
Fax.078-414-8386

地図